Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://bloodandroses.blog.fc2.com/tb.php/16-167ac153
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

洒落たひと皿をご堪能あれ

「Born to Be Bad」(生まれながらの悪女)って聞いたことがないなぁ…
DVDを観るまでそう思ってました。
Amazonの評価は良かったんですが、(評価とか当てにならないし)監督のニコラス・レイにも別に思い入れなかったし…
とこらが、観てみたら面白くて、傑作じゃないかと思いました。
どうもハリウッド公開時(日本未公開)にあの大富豪のハワード・ヒューズが手を加えて台無しにしたのを、DVD収録時にニコラス・レイ編集に近い形に戻したらしい。

J M R
左からジョーン・フォンテーン メル・ファーラー ロバート・ライアン
(ロバート・ライアンはメルと関係が深い役者さん。監督作に出たり、代役を引き受けてくれたり)

いわゆる悪女ものですが、ジメジメしたところが微塵もなくて痛快です。
ジョーン・フォンテーン演じるクリスタベルの悪女っぷりがカラッとしてて笑えます。
「風と共に去りぬ」のスカーレットと共通点がありますが、全然懲りない分、クリスタベルの方が徹底してます。
男を踏み台に社交界をのし上がって行く女、クリスタベル
彼女に便乗してちゃっかり社交界を泳いでいく男が、メル・ファーラー演じる画家のガービー
ガービーのちゃっかりぶりもまた痛快で笑える。巧い!可愛い!

脇に回った時のメルの演技力が堪能できるオススメの一品。
豪華なディナーではなく、洒落たお酒の肴といったところか。
巧くて美味い。

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://bloodandroses.blog.fc2.com/tb.php/16-167ac153
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。